自動車産業について

日本の工業は自動車産業

日本の工業を支える自動車産業

日本の代表的な工業製品といえば、先ず思いつくのが自動車ではないでしょうか。自動車は数万点の部品から構成されており、その部品を製造するのが子会社の大切な役目です。車は人を乗せて走る乗り物であるだけに、その安全性には格別の配慮がなされてしかるべきと言われています。そのため、個会社の生産する部品には相当な精度が求められ、子会社は、その部品を安定的に供給できる生産システムを構築することが必要となります。この生産システムを作り上げるため、そこで働く従業員は、社長や親会社の指示のもと、常に改善の余地がないかを話し合い、最良の製品を作り上げようと、日夜努力を重ねているのです。日本の工業は世界一と呼ばれることがありますが、それは、日夜努力を重ねる従業員によるところが大きいと考えられます。

日本の工業力全体を底上げする

中東諸国と異なり、我が国は石油などの地下資源に恵まれていません。そのため、鉄やゴムなどの資源を諸外国から輸入し、自動車などの工業製品を製造・出荷することにより発展を続けてきました。メーカーに勤める大勢の人が長年にわたりさまざまな研究を積み重ねることにより、快適で人や環境に優しい技術開発が可能となり、自動車産業は日本の代表的な産業の一つとなったのです。その発展は、他の多くの産業の発展にもつがっています。クルマには鉄やプラスチック、塗料など、多くの種類の材料・部品が使われているからで、これが日本の工業力全体を底上げする原動力になっているとも言われます。

新着情報

↑PAGE TOP