自動車産業の納期

自動車産業の納期について

自動車産業の納期とはいったい

我が国の代表的な産業のひとつに自動車産業があります。トヨタやホンダなどは、欧米や中国、アメリカ合衆国など世界各国に生産拠点を持ち、新興国においても、その進出はとどまるところを知りません。自動車産業を語るとき、忘れてはならないのが、QCDです。Qとはクオリティ、品質を言います。Cはコスト、いかに優れた生産力を有していても、高いコストがかかっていては、国際的な販売競争に打ち勝つことはできません。そして、Dはデリバリィ、納期のことです。日本の工業力の根底には、良い製品を、安く、短納期で製造する、長年にわたって培われた経験とノウハウがあるのです。これにより、我が国の工業製品は世界に冠たる位置を占め、日本経済全体が安定した持続力ある成長を可能にしています。

自動車工業の役割について

自動車工業は、生産·販売·整備·輸送など、広範囲の関連をもっており、製造品出荷額は全製造業の出荷額の約18%、機械産業の約40%を占め、日本経済を支える重要な産業となっています。また、世界各国の社会や経済の発展にも大きく貢献しています。そして、環境問題にも力を入れており、燃費の向上やプラグインハイブリッドカーなどの次世代自動車などの開発を積極的に行い、人と自然とがより良い形で共生できる社会の実現を目指しています。衝突時の安全対策のため、車両安全装備の開発や普及も進んでいます。 これを読んで、この工業の役割を少しでも理解して頂けたら幸いです。

↑PAGE TOP