自動車の進歩のこと

日本は自動車工業で成り立つ

自動車部品の工業生産

自動車を作るには部品が必要不可欠です。自動車を生産している大きな工場がある工業地域ではその部品を作る中小企業である子会社が多く存在しています。大きなものを作るにはまず、それを形成する小さいものをしっかりと作っておく必要があるのです。製作している工場自体にも言えることです。どちらがなくても工業は立ち行きません。どちらがより大切ということではなく、相互に寄り添っている関係なのです。また、そうして多くの工場に発注することで、クオリティも維持することができ、さらに大工場だけでなく小さな工場まで含めて大きな雇用を生み出しているのです。

日本の産業を支える自動車の進歩

自動車は、日本が誇る工業製品の中でも、海外への輸出という観点から日本経済に大きな役割を果たしています。確かに、海外での現地生産が進んでいるという事実はありますが、それでも日本国内で生産される割合は高く、雇用の確保、貿易収支、設備投資という点から、大切な役割を果たしています。ガソリンエンジンはハイブリッドへと進化を遂げ、電気自動車さえも現実のものとなりました。日本の工業力の衰退が懸念される点は否定できませんが、研究開発に重点を置いた経営を続けることにより、近い将来、我が国の経済は、かつての高度経済成長時代の勢いを取り戻すというエコノミストも存在します。かつての黄金時代が復活する時もそれほど遠くはないと考えたいものです。

↑PAGE TOP