日本の発展と自動車

自動車が影響をもたらす

日本の工業発展に影響を与える

日本は中国・アメリカ合衆国に次ぐ自動車生産国であり、世界で生産されるクルマの10台に1台が日本車だと言われています。自動車産業が大きな産業として発展し、日本の工業力強化に寄与してきたのは、メーカー各社がいろいろな方針と目標を持ち、クルマづくりに取り組んできたからです。クルマづくりは日本の重要な産業なのですが、それに甘んじることなく、さらに安全で快適なクルマ社会を目指し、より一層の努力が必要と考えられます。近年では、エアバッグなどの安全装置が標準装備されたほか、ぶつかった相手を保護するエアバッグまで開発され、実用化が図られました。これは、高付加価値化のよい事例であり、一層の工業力強化につながるものです。日本の代表的な産業のひとつとして、さらなる発展を期待したいと考えます。

自動車工業に見られる集約性

自動車工業は知識・技術・資本といった産業における各要素において、何れも集約的な側面を持つという特徴があります。また関連産業も金属・石油化学・運輸業等と多岐に渡る事から、国において基幹産業として発展して行く傾向が見られます。近年では電気・水素といった新たな駆動方式のものも登場した事もあり、これまでは関連性の低かった異業種からの自動車工業への参入・連携が世界的に増加する傾向が見られます。裾野が広いという点に関しては雇用に関しても同様で、日本を例に挙げると製造業に従事する労働人口の実に5割近くを占める産業となっています。

↑PAGE TOP