大規模な修繕工事

大規模な修繕工事には

マンションの修繕工事について

マンションが築10年から15年くらい経った場合は、マンション大規模修繕工事が行われるのが普通です。この場合は、給排水管の改修など、機能面での原状回復を目指すだけでなく、新たにオートロックをつけたり耐震性を高める改修を行うなど、現代に合った設備にすることも可能です。さらに、この種の工事は一度やれば良いというものではなく、10年ごとに行うことが多いので、マンションを購入する場合は、その点も考えておく方が良いでしょう。

製鉄所などで使われる耐熱電線

耐熱電線は、一般的な電線よりも耐熱性能を向上させた電線のことです。一般的な電線であっても一定の耐熱性能を有していますが、より高熱な場所で敷設するには向いていません。マンションほどの大きさをもつ電気溶鉱炉を使用する製鉄所などで使用されています。製鉄所にある溶鉱炉は1500度にまで達するため、硬い鉄であってもドロドロに溶解された状態になります。そうなると炉付近にも熱が伝わっていくため、その対策として耐熱電線を敷設します。

↑PAGE TOP